未分類

Webサイトの表示速度改善について

投稿日:2021年3月16日 更新日:

ページの読み込み速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%高くなるという調査結果になっており、以降表示速度が遅くなればなるほど直帰率も悪化してしまいます。

GoogleAnalytics で、速度チェックを行う。

【手順】

GoogleAnalyticsにアクセス出来たら「行動」タブをクリックします。
タブメニューが開くので「サイトの速度」というメニューをクリックします。
さらにタブメニューが開くので「概要」というメニューをクリックします。
表示された画面の「平均読み込み時間(秒)」をチェックします。

PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=JA

GTmetrix
https://gtmetrix.com/

WEBPAGETEST
https://www.webpagetest.org/

【改善方法】
画像データを圧縮する。
動画ファイルなどはYouTubeを埋め込む。
JavaScriptのファイルサイズを削減する。
サーバー環境を見直す。

カッコいいWebサイトを目指すことだけに囚われて無駄にファイルサイズの大きな画像を使ってしまったり、過度な動きを取り入れてしまったりするケースが無いか。
表現がどれだけ優れたWebサイトであっても、表示速度が遅く、ユーザー体験を損ねてしまっては本末転倒となってしまいます。
Webサイトを制作する際は閲覧するユーザー目線に立ち、デザイン表現と表示速度のバランスを意識したWebサイトの制作をおこなっていく。

-未分類

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした