Web Marketing

サイト リニューアル メモ

投稿日:2021年2月24日 更新日:

【リニューアルの目的の設定】
なぜ、リニューアルするのか。などリニューアルをする目的を具体的に書き出し、共有する。
リニューアルすることにより、何を得ることができるか。目的は、丸投げしない。

デザインなどは、大枠のイメージを持ちつつ、プロにお任せするが、目的はしっかり 自分で明確にしておく。
参考サイトを見つけておく。

【スケジュールの設定】
スケジュール表を作成する。(もしくは、作成していただく。担当者によって異なる)
制作会社に伝える公開希望日と社内で設定する公開日を分ける。
※制作会社には、早めのスケジュールを伝えておく。※公開日の遅延を防ぐため。※1週間から10日間見ておく。
公開日から逆算して、大枠のスケジュールを組み立てる。
サイト設計が決まってから、コーディング期間は3ヶ月を目安に考えておく。

【サイト設計】
ハイパーサイトマップを作成する。
ページごとに必要な仕様を書き出す。
できるだけ細かく仕様を書き出す。
プラグインや、バージョンアップの箇所など細かくチェックする。
不必要なページは排除していく。

方向性や、デザインについてはある程度は、担当者に権限を持たせて、決定していく。
複数で担当する場合、意見の相違などで、なかなか進行できないことがある。
上長には、 「Yes」 or 「No」 で判断できるような状況をつくって、報告する。

デザインや、サイト構成に関しては、しっかり目的や、そのデザインにした理由を応えられるようにしておく。
疑問点は、デザイナーにも確認。

【見積の確認】
サイト設計をもとに、見積もりを確認する。
必要であれば、相見積をとる。

新規の制作会社の場合、過去の制作事例などを確認しておく。
更新の際の、対応等についても細かくチェックする。
サイトは、出来上がって終りではないことを意識する。公開後の修正にも対応してもらえるようにしておく。コミュケーションが重要。

例)
バージョンアップの対応。
サーバーエラーの対応。
サーバー会社との交渉。
新しい提案をしてくれるか。

【確認チェックリストの作成】
注意事項など、リストを作成しておく。
内容確認、対応状況、担当者 をチェックできるようにしておく。
随時 項目を追加しておく。

【デザインモックの作成】
サイトマップももとに、各箇所のページのデザインの作成。
細かな仕様も確認する。

【デザインモックの修正】

【コーディング開始】

【進捗確認】
スケジュール表と、チェックリストをもとに、進行確認をする。
進行状況は、随時上長への報告を欠かさない。
その際に、リストの共有も効果的。漏れがないことを、複数で確認ができるようにしておく。

【統合サイト】
公式サイト と オンラインショップを統合した場合、PV数が伸びるが 単純に母数が伸びるだけなので、CV数が変わらない場合、CVRが低くなる。
CVR が下がった状態から、どのように上げていくかが課題です。
ボタンを押しやすい位置にしたり、購入を促す施策を強化していく。
サイトの表示速度を意識する。

-Web Marketing

執筆者:

関連記事

Web マーケティング メモ

〈マーケティング〉マーケティングとは、売る仕組みの構築と運用。企業が顧客を獲得し、成長するために、市場調査で顧客の欲求や要望を汲み取って分析したり、広報・宣伝で得られるフィードバックを活かしたりしなが …

CRMツールについて(顧客関係管理)

CRM(Customer Relationship Management) カスタマー リレーションシップ マネジメント 顧客を第一に考えるマーケティング手法。 まず、CRMツールを使う「目的」を洗い …

リターゲティング広告 手順

【進行手順】 1. 掲載可否:両者 2. 電子お申込書締結:両者 3. フィードとロゴ提出:クライアント 4. アカウント発行:サービス提供側 5. タグ設置:クライアント 6. タグチェック:サービ …

CVR(コンバージョン率)を上げる方法

CVRの高いページを抽出し、CVRの高いページへ誘導する。 ⇒CVRの高い商品は、定番化。 ※ある程度のPV数があり、売れている商品。在庫のある商品ページに限る。(レギュレーションを設定する。) 〈2 …

個人情報流出に関する対応について

【実施した対応】 セキュリティ設定の強化。 該当する可能性のあるお客様へ個別のご案内。 該当する可能性のあるお客様の会員資格の停止。 個人情報保護法委員会への報告。 問い合わせ窓口の設置。 【再発防止 …