Setting

シャッタースピードの目安

投稿日:2021年1月23日 更新日:

一般的に手ブレの発生を抑えることのできる目安のシャッタースピードとして、1/(焦点距離)秒と言われています。

焦点距離50mmだった場合は、1/50秒が目安となり、焦点距離400mmの場合は、1/400秒が目安となります。

望遠になるほどシャッタースピードを必要とし、低速シャッタースピードではブレやすくなる傾向にあるため、撮影における焦点距離も考えてシャッタースピードの値を設定する。

シャッタースピードには限界があり、30秒~1/4000秒が一般的です。この範囲に収まらない場合は、写真が極端に明るくなったり、暗くなってしまうケースがあります。

1/250秒 〜 1/500秒 〜 1/1000秒
走ってる人・動物
乗り物、スポーツ

1/60秒 〜 1/250秒
歩いている人。

1/15秒 〜 1/60秒
手ブレしやすい。

〜 1/15秒
三脚が必須。

絞りを上げるとシャッタースピードは落ちる。
シャッタースピードを上げると絞りは落ちる。
ISO感度は絞りとシャッタースピードが足りない時の補助。

ISO感度は、暗いところにどれだけ強いか決める数値
ISO感度は、数値が高くなるほどノイズが発生し、画質が悪くなる

ISOの目安
800以上は、高感度。
ISO 感度が高いほど画質が悪い。
上限は、3200 〜 6400が目安。

昼間:オート(もしくは、100 〜 200)
室内:800 〜 1600
夜:1600 〜 6400
※三脚を使用する場合、画質を優先 100

絞り値は、ピントを合う範囲を決める数値
絞り値は、「光を取り込む量」を決める数値

シャッタースピードは、早いほど被写体のブレを無くすことができる
シャッタースピードは、「光を取り込む時間」を決める数値

理想としては、ISO感度を小さく、絞りは開放でもなく絞り過ぎず、シャッタースピードも手ブレを抑えられる1/焦点距離以上で撮影することです。

周辺の条件によって撮影設定は大きく変わりますが、3つの設定の関連性を考えて撮影できるようになると様々な撮影シーンで素早く対応することができます。

-Setting

執筆者:

関連記事

no image

撮影 設定 メモ

【スタート】 A(絞り優先モード) ボケ具合の設定が可能。 シャッタースピードをカメラが自動で決めてくれるモードです。本来は風景写真など、被写界深度をコントロールする撮影モードですが、発想を変えると、 …

no image

動く 被写体 撮影 メモ

Sモード(シャッタースピード優先) ※1/250秒 【オートフォーカス】 AF-C(コンティニュアスAF) 【ドライブモード】 連続撮影