Setting

撮影 設定 メモ

投稿日:2021年1月30日 更新日:

【スタート】
A(絞り優先モード)
ボケ具合の設定が可能。
シャッタースピードをカメラが自動で決めてくれるモードです。本来は風景写真など、被写界深度をコントロールする撮影モードですが、発想を変えると、開放絞りに設定しておくと、明るさに応じて最速のシャッタースピードが自動で選択されます。できるだけ高速シャッターを使用したい「置きピン」に便利です。

1_ボケ具合の設定
F値の設定が低いほど、ボケる。

2_明るさの設定(露出補正)

3_ホワイトバランスの設定

逆光状態にする。
明るさをプラスする。

シャッタースピードが、1/200以上 になっているように確認する。
※1/200以下になってしまう場合、ISOを上げて調整する。

-Setting

執筆者:

関連記事

no image

動く 被写体 撮影 メモ

Sモード(シャッタースピード優先) ※1/250秒 【オートフォーカス】 AF-C(コンティニュアスAF) 【ドライブモード】 連続撮影

シャッタースピードの目安

一般的に手ブレの発生を抑えることのできる目安のシャッタースピードとして、1/(焦点距離)秒と言われています。 焦点距離50mmだった場合は、1/50秒が目安となり、焦点距離400mmの場合は、1/40 …