Web Marketing

OMOについて

投稿日:

【Online Merges with Offline(OMO)】
オンラインとオフラインの融合。顧客理解。

ユーザーのオンラインとオフラインの垣根が越えてきているスピード感が加速している。

オンライン上での提供価値を上げる。
オンライン上では、一つのページで複数のユーザーを対応している状況だが、オンライン上でのコミュニケーションが増えてきている中で、リアルのようなコミュニケーションを求められている。

サイズがない場合の、新たな提案。

ユーザーを理解して、ユーザーに合った提案をできるようにしたい。

何のために、ツールを使うかという目的意識を持つこと。
日常業務の中に、ツールを組み込むことが大事。ツールを使いこなす体制を整える。
PDCAをちゃんとまわせるように意識する。

ネットリテラシーの低い方が使える接客ツールが求められてきている。

オンライン接客で、何がしたいのか目的を明確化する。

今まで店舗が持っていた価値を深掘りする。
深掘りした価値をオンラインでどう提供するかを考えていく。

-Web Marketing

執筆者:

関連記事

リスティング広告予算の算出方法

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告のこと。 目標CPA × 目標CV数 = 必要予算 目標CPA10,000円、目標CV数100件とした場合、必要予算は1,000,0 …

ROAS

ROAS(Return On Advertising Spend)とは、広告費に対してどれだけ広告経由で売り上げがあったか成果を計る指標。 投資した広告費用の回収率を示します。計算して分かるのは広告費 …

no image

サイト リニューアル メモ

【リニューアルの目的の設定】 なぜ、リニューアルするのか。などリニューアルをする目的を具体的に書き出し、共有する。 リニューアルすることにより、何を得ることができるか。目的は、丸投げしない。 デザイン …

UGCについて

UGC(User-generated-content) 消費者によって作成された、写真や動画、レビュー投稿などあらゆるコンテンツのこと。 【ULSSAS】 SNS時代のマーケティングフレームワーク U …

個人情報流出に関する対応について

【実施した対応】 セキュリティ設定の強化。 該当する可能性のあるお客様へ個別のご案内。 該当する可能性のあるお客様の会員資格の停止。 個人情報保護法委員会への報告。 問い合わせ窓口の設置。 【再発防止 …