Web Marketing

フルスクリーンショット機能

投稿日:2020年9月29日 更新日:

まずは任意のページでデベロッパーツールを開きます。
Macなら「command + option + I」。

続いて、詳細機能を呼び出します。
Macなら「command + shift + P」。

そのまま「full」と入力すると候補が絞られ、フルスクリーンショット機能だけが表示されるので、そのままEnter(return)。

数秒で保存されます。

-Web Marketing

執筆者:

関連記事

no image

サイト リニューアル メモ

【リニューアルの目的の設定】 なぜ、リニューアルするのか。などリニューアルをする目的を具体的に書き出し、共有する。 リニューアルすることにより、何を得ることができるか。目的は、丸投げしない。 デザイン …

動画の埋め込みについて メモ

動画を使用する目的設定をする。 ユーザーが求めていることは何かを意識する。 ページの読み込み速度が遅くならないようにする。(サイトが重くならないようにする。) 7割がスマホユーザーのため、高画質動画は …

CRMツールについて(顧客関係管理)

まず、CRMツールを使う目的を洗い出す。 目的を達成するためのデータの抽出方法の調査。 ※抽出によっては、Excelでシステムを組むことも可能。 ※一般的なCRMツールは、多機能で月額コストが高いため …

no image

カスタマージャーニー

カスタマージャーニーを考える。整理する。 導線を設計する。対象者に合った内容を配信していく。 対象者を分類する。 【A_ブランドを知らない人。】 ⇒広告施策でアプローチ。サイトへ誘導して、ブランドの存 …

no image

OMOについて

【Online Merges with Offline(OMO)】 オンラインとオフラインの融合。顧客理解。 ユーザーのオンラインとオフラインの垣根が越えてきているスピード感が加速している。 オンライ …